引越後の片付け作業で苦労しないために覚えておきたいコツ

先延ばしを避けることが大事

新居に荷物を運び入れた後は片づけをすることで住みやすい家を実現できます。ただ、片づけをする時のコツとして先延ばしを避けることを覚えておきましょう。学業や仕事、子育てなど優先させるべきことがあると、片付けに割ける時間や体力は少なくなってしまいます。すると、後回しにして先延ばしを繰り返した場合は、いつまで経っても終わらないでしょう。ですから、しっかりと終わらせたいのであれば、先延ばしをせずにやってしまうことをおすすめします。忙しい中で時間を作るのは簡単ではなかったとしても、早めに終わらせた方がスペースを広く使用できるようになるメリットがあります。遅くても引越後1か月以内には片づけを終えられるように努力が必要です。

荷物は適切な場所に置く

引越後の荷物を片付けする時に苦労する可能性があるのは、荷物を適当に置いた後で移動させることになった時です。小さくて軽い物の移動なら苦労はしませんが、大型の家具や家電のように大きさと重さのある物を移動させるのは1人では難しい場合があるだけではなく、床や壁などを傷つけるリスクが高くなります。引越時の作業で荷物を適切な場所に置いておけば、後で移動させる手間は少なくなることから、片付けがはかどるでしょう。運ぶ段階でどうしても置き場所をはっきりと決められない時は家の中心付近にまとめることをおすすめします。中心付近ならどの場所に置くとしても移動させる距離が極端に長くなることはないので、負担を減らせます。

要らない物をどうやって処分すべきか悩んでいる場合は、不用品の回収サービスをやっている業者を利用しましょう。