マイホームを手軽に守る?防犯フィルムの効果や使い方を学ぼう!

窓ガラスからの侵入を防ぐには防犯フィルムが最適

住宅の空き巣被害はその多くが窓からの侵入とされています。ドアの鍵をこじ開けるより窓ガラスを割るのがはるかに容易なのが理由です。家族の憩いの場であるマイホームを空き巣などの犯罪から守るには防犯性の向上が不可欠です。ガラスに貼り付ける防犯フィルムなら大掛かりな設備を用意する必要も無く、素人作業でも手軽に準備ができます。費用も電子制御されている防犯設備に比べるとはるかに安価なので、出費を抑えてマイホームを安全に守ることが可能です。

防犯フィルムを貼り付けたガラスは割れにくくなる

防犯フィルムは窓ガラスの耐久性を向上させる効果があります。普通の窓ガラスは割れると破片が飛び散り、大きな穴が開きます。しかし防犯フィルムを貼り付けた窓ガラスは割れても破片が飛び散らず、そのままフィルムにくっついています。防犯フィルムは非常に強度が高く破れにくい構造になっているので、窓ガラスをいくら割ってもフィルムそのものは滅多に破れないのです。力任せに破ることは不可能ではありませんが、フィルムが破れるまでには長い時間を要する他、大きな音も生じるので空き巣除けに最適と言っても過言ではありません。

ガラスの汚れを取り除くのが綺麗に貼り付けるコツ

防犯フィルムはマイホームを空き巣被害から守るのに最適な一品ですが、使い方を誤るとせっかくの防犯性を発揮できません。防犯フィルムを汚れた窓ガラスに貼り付けてもすぐに剥がれてしまうので、必ず入念に掃除を行い、わずかな汚れも残らないように注意します。汚れが付いていない綺麗な窓ガラスならフィルムの吸着性も損なわれず、防犯の効果を最大まで引き出すことができるのです。

防犯フィルムは、泥棒などが窓から侵入するときに効果を発揮します。窓ガラスにこのフィルムを貼ることによって、窓ガラスの強度を上げ、侵入を困難にする目的があります。