タイムカードを使ったタイムレコーダーの運用からの脱却!

クラウド勤怠管理システムの導入を検討してみよう!

貴方の勤めている会社では、タイムカードを使って勤怠管理をしていませんか。その場合、タイムレコーダーで打刻されたタイムカードのデータを表計算ソフトなどに転記していることが多いです。それをもとに給与計算を行っていることも多く、従業員が多い企業では骨の折れる業務の一つと言えます。給与に関わることなのでミスも許されず、神経を使う業務でもあります。

この状況を改善するため、クラウド勤怠管理システムの導入をおすすめします。タイムレコーダーでの打刻がICカードをかざすだけになり、勤怠データがリアルタイムで自動集計されるため、管理者は勤怠状況が手に取るようにわかります。給与計算機能も備わっているものがありますので、業務負荷の軽減にも役立ちます。

クラウド勤怠管理システムの導入方法は?

導入を前提にクラウド勤怠管理システムを調べてみると、そのサービスの多さに驚くでしょう。その中から自社にあった最適なものを導入することは容易ではありません。しかし、多くのサービスで一定期間お試し利用できるようになっています。これを活用して実際に利用してみることで、自社の運用にマッチしているかを確認することができます。無料で利用できるものがほとんどなので、活用しない手はありません。運用の目途がつけば、そのまま運用開始することができます。

クラウドサービスなので、サーバーを自社に設置する必要がなく、サーバーの運用や保守もサービスを提供している会社に任せておけば良いのです。サービスにより料金体系がさまざまですが、長期間利用することを考えて試算するようにしましょう。

日本ではタイムレコーダーは出勤や退勤の時刻を管理するために使われることが多いです。出勤記録時計とも呼ばれています。