ネットショップを始めるならEC物流をしておこう!

EC物流ってどういうこと?

EC物流は、インターネット等の通信を利用した商取引に伴う物の物流のことを指します。オンラインショップやオークション、e-マーケットプレイスなどに関わる保管から配送に関わる一連の作業を契約した倉庫で行います。そのため、保管を取られることや梱包にかかる時間や必要な道具を削減する事ができるのです。

EC物流でできることって?

ネットショップなどをはじめるとき、問題となるのが在庫の管理です。事業として在庫を抱えるようになると、在庫を置いておく場所が必要になってきます。しかしEC物流を利用することで、大量の在庫を外部倉庫に保管し、検品から梱包、出荷までを倉庫で行うことができます。画面上での操作で在庫管理、流通加工、梱包、発送までを完結できるのがEC物流の最大の魅力です。

EC物流を利用するときの注意点は?

また、梱包や発送がきちんと出来ているかも確認する必要があります。お客様の手元に商品が届いたとき、汚れていたり破損したりしていてはショップとしての信用にも関わってきます。また、在庫管理などは任せきりにせず、外部倉庫へ納品する前に棚卸しするなどの注意が必要です。特に、外部倉庫に納入してしまうと後からトラブルが起こったときに確認をするのが大変です。商品とバーコードが一致しているかなどはきちんと確認するようにしてください。

在庫管理から梱包や発送までをやってもらえるEC物流はとても便利ですが、利用できるサービスは会社によって違いがあります。また、入庫や梱包、発送作業などはそれぞれ別料金がかかります。受けられるサービス内容と料金を見積比較するなどして、自社の利用状況に合った契約をしましょう。

EC物流を運営していく上で、基本費用(設備使用料等)、保管費用(地代家賃等)、入庫費用、梱包費用、配送費用などの費用が発生します。