プライバシーを守るためにはユーザー個人の努力が大事です

SNSを安全に使うためにはプライバシー保護を意識

SNSが巷で大ブームです。以前は若い世代を中心に愛用されていたSNSやブログですが、今や老若男女問わず利用者が急増中です。SNSやブログは正しく使えば、非常に便利なコミュニケーションツールとなります。趣味の友達とネット経由で楽しくおしゃべりをしたり、好きなアイドルやアニメについてマニア同士で語り合ったり、自分では分からない事を詳しい専門家に教えてもらえる等、色々な恩恵が盛りだくさんです。

安全にSNSを使う上で意識したいのがプライバシーです。自分の氏名や住所、電話番号やメッセンジャーアプリのIDや勤務先、誕生日などは大切な個人情報です。不特定多数の方々と交流するネット上のコミュニティでは無暗に、そういった情報を登録したり公開してはいけません。残念な事ですが、個人情報を悪用してネット犯罪やストーカー行為を行う悪質なネットユーザーが少なからずいます。プライバシー保護のため、ハンドルネームを考え、本名での利用は避ける事も大事です。

メールアドレスやID作成の時も要注意です

フリーメールやキャリアメールを新規登録する際、アドレス名を自分で考えなければいけません。覚えやすいようにと、自分の名前をそのままアドレス名に入れたり誕生日や部屋番号、電話番号を加える方がいます。それだとメールを送付した相手に自分の個人情報が丸出しです。メールは不特定多数の方々に見られる事を想定し、プライバシー保護のため具体的な個人情報はできる限り入れないように気を付けましょう。

SNSを使うIDを取得する際も同じです。サイトやアプリによっては登録したIDが世界中の不特定多数のユーザーに見られる仕様になっています。

機密文書は関係者以外に情報漏洩があってはならない文書のことです。暗号化やアクセス制限などのセキュリティ対策が必須です。