法人向けパソコンって普通のパソコンと違うの?どうやって選べば良いのか

法人向けパソコンの特徴を把握して選ぼう!

法人向けパソコンというのは、その名の通り法人向けに作られたパソコンです。でも、一体普通のパソコンと何が違うのか分からない人も多いのではないでしょうか。基本的にどちらも同じパソコンなのですが、使用目的が違うためハード面やソフト面で違いがあります。

例えば、仕事で使うパソコンというのは壊れない事が重要です。一般向けに販売されているものは、見た目が重視されている事が多いですが、法人向けパソコンは頑丈さが重視されています。ABS樹脂やプラスチックなど、壊れにくい素材が使われる事が多く、ちょっと無骨な印象を持つかもしれません。

また、液晶部分にも違いがあります。一般的なパソコンは、動画や写真が綺麗に映るような液晶が採用される事が多いです。一方ビジネスモデルは、長時間使っても目が疲れないような液晶が採用されている事が多いですね。

実際どうやって選べばよい?

最近はBTOパソコンと言われる、自分で自由にカスタマイズできるパソコンが流行っていますが、法人向けに作られたBTOパソコンもあります。もし、どういうパソコンが良いか分からないという場合には、こういった法人向けパソコンを選ぶと良いでしょう。

また、使用目的をしっかりさせておく事も大切です。家で使うようなパソコンは、動画を見たりネットを見たり、趣味で使う事が多いのでそういった性能やソフトが入っている事が多いです。しかし、仕事で使うパソコンなら、仕事で必要な機能だけ備えていれば良いですよね。余計なソフトが入っていると、その分料金も高くなるので、なるべく必要最低限にした方が良いです。そうすれば、経費の削減にもなりますよ。

BTOとは、注文を受けてから生産し、出荷する製造業のビジネスモデルのことです。在庫リスクが減ることが主なメリットです。