M&Aってどういう意味?M&Aをするとどんなメリットが?

M&Aとはどういう意味か

M&Aという言葉自体は知っているけど、どういう意味かについてはよくわからないという人も多いのではないでしょうか。M&Aとは二つ以上の企業がお互いの利益のために協力するためにおこなわれるものです。M&Aという言葉では世間的にはあまり用いられていませんが、別の言葉に替えると新聞やニュースなどで、誰もが一度は聞いたことがある言葉になります。M&Aには大きく分けると5つの種類があり、それぞれ業務提携、資本提携、分割、合併、買収という分けられ方をします。それぞれの方法によって得ることができるメリットは大きく異なり、複数の企業同士がM&Aをおこなう前に話し合って自分たちの会社が最も利益を得ることができる方法で協力をします。

M&Aをすることで得られるメリット

では、適切にM&Aをおこなうことによって、どのようなメリットを得ることができるのでしょうか。M&Aで得られるメリットは譲渡する側の会社と、譲渡される側でそれぞれ異なります。譲渡する側のメリットとしては、1つに会社自体を存続させることができるというものがあります。例えば中小企業の場合、自分の子供が跡を継がないというケースがとても多いです。会社が無くなれば今まで培ってきた技術や人脈が全て台無しになります。M&Aで会社を譲渡することにより、自分の会社の財産を次の世代に残すことができます。一方、譲渡される側は譲渡を引き受けた会社のノウハウや技術力、人材、そして人脈や顧客などを一気に得ることができます。これらは通常長い年月を経て手に入れるものですが、譲渡されることにより短期間で一気に手に入れることができるのです。

M&Aが注目されるのは、それだけ多くの企業の業績回復や再生につながるケースが多いからです。成功事例がますます増えています。