起業をするときに知っておいたほうがいいことは?

小さく始めることが大事

これから事業を始めるときには、いくつか注意をしなければならないことがありますがそのうちの1つは、初めから大きくスタートしないことです。すでに何回か会社を作ったことがあり経験豊富ならば問題ありませんが、そうでなければ思わぬところでつまずいてしまい大赤字を出してしてしまう可能性があります。

このような場合には、まずは小さくスタートする必要があるでしょう。仮に経営不振になったとしても、リスクを最小限に抑えることができます。まずは最初のうちは、一通り独立することを経験して慣れていくことが大事になるでしょう。

法人化は後になってからのほうがよい理由

もう一つの注意点は、最初から法人化しないことが大事になります。法人化すれば、どこかかっこ良いイメージがあるため独立した途端に株式会社を名乗ってしまう人がいるのも事実です。ですが、最初から法人化すると金銭的な負担も大きくなり会社が傾いた時にどうすることもできなくなるでしょう。

それよりも、最初は個人事業主から始めて大きくしていくことが大事になります。どのタイミングで法人化するか問題になりますが、節税対策が必要になったとき初めて法人化すると良いでしょう。

このように考えると、株式会社にしたほうが周りの企業や人から信頼されるため法人にしたほうがよいのではないかとの意見があります。ですが、株式会社にしなくても個人事業主の段階でしっかりとした仕事をしていれば周りの企業や人から信頼され、取引が増えるため経営に困ることはないでしょう。

フランチャイズとは、本部が加盟店に、営業ノウハウやサービスを提供し、その対価を、加盟店が本部に支払う契約形態の事です。