社内SNSを会社に導入するメリットとデメリット

社内SNSを導入する目的

社内SNSとは社員同士が業務の中で連絡を取り合う為に使うツールで組織全体に情報を発信するツールでもあります。また情報を全体で共有するのにも便利なので、社員同士での情報共有ツールとしても使われます。社内SNSでは特定の相手とだけやり取りする事もできるので、特定の社員同士で連絡を取る事もできます。コミュニケーションツールでの社内トラブルを避ける為に匿名ではなく、実名を使用する方が良いです。業務中に関する連絡ツールとしてだけでなく、その他の活動にも社内SNSを活用する事ができるので社内のコミュニケーションの活性化に繋がります。導入する形態は様々ですが、導入して効果を得る為には会社に合った方法で導入するのが良いです。

導入するメリットとデメリット

社内SNSを導入して使う事で業務に関する相談や提案がしやすくなるので、業務の効率化に繋がります。電話などで連絡を取るのと比べて素早くコミュニケーションを取る事ができます。複数の人と同時にコミュニケーションを図る場合もSNSは便利です。社外の人との連絡ツールと社内の人のとの連絡ツールを分ける事で、社外からの連絡が来た時に気づくのが遅れるというミスを防止する事にも繋がります。デメリットとしては社内SNSを導入する事でコストが必要になる事です。社内SNSはコミュニケーションツールとして便利ではありますが、社内でのトラブルの原因になる可能性もあります。トラブルが起きない為には事前に対策をする事が大切です。

最近よく耳にする「社内SNS」は気軽に部署内外での会話が可能であり、情報共有も円滑になり、結果的に業務の効率化を図る事が可能です。新しい社内コミュニケーションの形として注目をされています。